メインビジュアル

意思が弱くてもキレイに痩せるダイエット

カロリー計算をゲーム感覚で!なんでもレコーディングダイエット

食べたものを記録するだけで、本当に効果があるんです!

メモ

一時期流行った「レコーディングダイエット」をご存知でしょうか?かつて岡田斗司夫が実践し、1年で約50kgも落としたというダイエット方法です。最も本人はその後リバウンドしてしまったようではありますが…。とは言え、私が個人的に実践してみたところ、記録をとるレコーディングは確かに効果があると感じています。

私が行ったのは、その日の朝に測った体重、食べたものの内容と簡単なカロリー、そして購入費用を書き留めること。本来は食べる時間なども書き留めるそうなのですが、面倒だったのでそこは割愛。カロリーは厳密に出せるわけではないので、インターネットで調べて大体のカロリーを計算していました。最近は本当に簡単に調べられるのでいいですよね。食べた内容とカロリーをしっかり書き出していくと、だんだん何がどのくらいのカロリーなのかを把握できるようになります。すると、外食したり食材を購入する時の意識が変わり、低カロリーのものを選べるようになるのです。しかも、毎日体重と一緒に記録していけば、食べたものによってどのように体重が変わっていくかを確認することができますし、「昨日食べたから、ちょっと今日は控えようかな」という反省も可能に。つまり、レコーディングを行うことによって、食事のカロリーや食事量に対する意識を変えることができるのです。

ちなみに、ダイエットのことだけを考えるなら購入費用を書き出す必要はないのですが、書いていると出費のダイエットにも役立ちますよ。また、けっこう食費に金額がかかっていることに気づき、「無駄遣いはやめよう」と余計なお菓子や食材の購入を抑える効果も。個人的には購入費用も一緒に記録するのがオススメです。

ついでに、運動によって消費したカロリーも記録していこう!

また、さらにオススメなのが運動による消費カロリーも一緒に記録していくこと。例えば、今日は60分歩いたから260kcal消費、階段を上ったから40kcal消費などなど。こちらも厳密な消費カロリーを出すことはできませんが、インターネットで大体の目安を調べておおまかな数値を書き留めていきます。これを食事による摂取カロリーと比べるてみると…、いかに運動でのカロリー消費量が少ないことか!もちろん基礎代謝による消費カロリーもありますから、運動だけで食べた分だけのカロリーを消費を目指すということではありませんが、あまりの違いに食事によるカロリー量を抑えるようにしよう、という気持ちになること請け合いです。

また、毎日記録していくと、「今日は50分しか歩いていない、キリのいいところで60分歩こう!」など消費カロリーを増やしたくなってくるんですよね。こちらも、記録することでいかに自分が普段動いていないかを確認することができ、「少しでも歩くようにしよう」という風に意識が変わってきます。それに、毎日記録していくと、まるでゲームのスコアを伸ばすような感覚で楽しめるようになってきますよ。

できるだけ毎日記録することが大切とは言え、あまり厳密にやろうとするとプレッシャーになってしまいますから、たまに記録を忘れてもそこはOKと考え、無理なく続けるようにすることが大切です。とは言え、記録することが面倒と感じる人にはあまり向かない方法かもしれません。家計簿をつけることが好きな人や、記録を伸ばしていくことに喜びを感じる人にはオススメ!

口コミでは「食生活の意識が変わった」「生活が改善した」との声多数!

実際にレコーディングダイエットを行なっている人たちでも、ノートに書き留めていたりアプリを利用したりとやり方は様々。口コミでは「短期間で一気に体重を減らすことができた」「いかに自分が太る生活をしていたかわかった」「マメな人じゃないと続かなそう…」などの意見が。結果の出方は、それまでどんな生活をしていたかによって変わってきそうですが、どの人も口を揃えて言うのが「食生活に対する意識が変わる」ということ。記録を取ることが好きな人はぜひ!

▼記事一覧

HOME »

食べる順番を考えて、無理せず美味しく食事制限! »

カロリー計算をゲーム感覚で!なんでもレコーディングダイエット »

TVを見ながら昇ったり降りたり、踏み台昇降ダイエット »

超面倒くさがり屋さんにオススメ!寝るだけで痩せる方法って? »

湿布を貼るだけでOK!?気になる部分もピンポイント痩せ! »

ページのトップへ戻る