メインビジュアル

意思が弱くてもキレイに痩せるダイエット

超面倒くさがり屋さんにオススメ!寝るだけで痩せる方法って?

食事制限もイヤ、運動もイヤ。そんな面倒くさがり屋にはコレ!

睡眠

努力せずにラクに痩せる方法はない!とよく言われますが、一番欲しいのがその「ラクに痩せる方法」なんですよね。何を隠そう、私もかなりの面倒くさがり屋。少しでも手間を省くためにする努力ならば惜しみません。と、いうことでなんとかラクにできるダイエットはないかと探しに探し抜いて見つけたのが「睡眠ダイエット」です。その方法とは…なんと寝るだけ!

そんな簡単な方法があるわけない!と思ったアナタ!ちょっと思い返してみてください。とても忙しい時期に太った、という経験はありませんか?それ、睡眠不足が太る原因になっているかもしれません。睡眠時間が減ると、本来食べる必要のなかった夜食が必要になり、なんと食欲を増進させるグレリンというホルモンが出てしまうのだとか。「それって、単に食べ過ぎなんじゃないの?」という意見もあるとは思いますが、夜起きていると無駄に食欲が増進されることもあり、睡眠をしっかり摂れなかったことが太る原因になっているのは事実。余計な摂取カロリーを増やさないためにも、夜は早く寝るべきなんです。

とは言え、「睡眠ダイエット」はそのような「さっさと寝て摂取カロリーを減らそう」というような消極的なダイエット法ではありません。寝る時間を工夫したり、寝る前に成長ホルモンの分泌を促す栄養を補うことで、“痩せホルモン”を積極的に分泌させていこう、というもの。果たして、その具体的なやり方とは…!?

睡眠の質を高めて、目覚めもスッキリに!?

そもそも“痩せホルモン”とは何か、ということですが、まずひとつめが眠りの後半に分泌される「コンチゾール」。脂肪を燃やしてエネルギーを補給します。次に、満腹中枢をコントロールする「レプチン」。レプチンが足りないと空腹感を感じやすくなり、食べ過ぎを招いてしまいます。そして、睡眠中にカロリーを消費するという「成長ホルモン」です。睡眠ダイエットを成功させるためには、これらのホルモンをしっかり分泌させることが大切。

そこで!睡眠ダイエットのひとつめのポイントは、夜中3時までに寝ること。肌のゴールデンタイムという言葉もありますが、成長ホルモンが活発な時間が22時~3時なのだそうです。なので、なるべく22時までに寝るのがベストですね。そして、一度眠ったら3時間はしっかりまとめて寝ましょう。睡眠直後の3時間に成長ホルモンは分泌され、その後はほとんど分泌されないそうです。

ふたつめのポイントは、寝る1時間前にはちみつを大さじ1杯なめること。肝臓に適度に糖質を蓄えることで、成長ホルモンの分泌を促します。空腹感も抑えられるため、睡眠中の脂肪燃焼効果がアップする働きも。さらに、はちみつに加えて、無塩の生アーモンドを3粒ほど食べるとより効果的。アーモンドに含まれるアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進させてくれるそうです。余裕があれば、寝つきをよくするために、ホットミルクを飲むのもオススメ。ホットミルクに含まれるトリプトファンには睡眠効果があり、眠りの質をアップすることができます。睡眠時間は7時間ほどを目安にすればバッチリです。

口コミは実感できた人とできなかった人と様々。

さて、気になる実感度なのですが「朝から行動できて、しっかりダイエットできました」という声、そして「全然痩せませんでした。寝るだけじゃやっぱり無理そう…」などの声があり、効果は人によって様々といったところ。個人的にも、これで「痩せた!」という実感はあまりなかったのですが、体調がよくなり、便秘が解消されたのでスッキリ感は出ましたね。ダイエットよりも、“体調を正す”ことに効果があるのかも?ただ、睡眠不足は本当に太ると思うので、美容にも良い「睡眠ダイエット」はぜひ取り入れた方が良いと思います。

▼記事一覧

HOME »

食べる順番を考えて、無理せず美味しく食事制限! »

カロリー計算をゲーム感覚で!なんでもレコーディングダイエット »

TVを見ながら昇ったり降りたり、踏み台昇降ダイエット »

超面倒くさがり屋さんにオススメ!寝るだけで痩せる方法って? »

湿布を貼るだけでOK!?気になる部分もピンポイント痩せ! »

ページのトップへ戻る